エイズ感染の検査法

エイズ感染の検査法


エイズ感染を早く知り、適切な医療を受ければエイズ発症を抑えることが可能となってきており、HIV感染症/エイズは決して恐れる病気ではありません。


HIVに感染した可能性があると考えるひとは、手軽に抗体検査を受けていただきたいと思います。


検査は次のような手順で行われます。


@保健所や病院医院などで採血を受ける


Aスクリーニング検査:抗体の有無をひとまず調べる方法で、弱い抗体も逃さないようになっている


B確認検査:スクリーニングで陽性になっても、偽の反応である場合があります。

HIV感染を確かめるために、ウエスタンブッロト法などで詳しい検査を行います。


C保健所や医療機関での告知

確認検査においてHIV感染が確かめられた場合HIV感染の告知が行われます。


男性のエイズ感染は、半分以上が買春でエイズ感染したということ。


また不特定の相手とのセックスでコンドームをいつも使ったと答えた人の割合は男性で3割、女性では2割に過ぎなかったということです。


今の日本人、特に若者の実態は大変危険なセックスライフをおくっているということが明らかになっています。


お心当たりのある方は是非、エイズ検査を受けてください。




Copyright (c) エイズ即日検査. All rights reserved.


エイズ即日検査サイトTOPへ

エイズの感染

エイズの感染


現在、エイズの感染経路は、ほとんどが性行為によるものです。


エイズの主な感染経路はセックスだといいましたが、では、どういった経路で感染するのでしょう。


エイズは体から出てくる液体(体液)の中に含まれています。


HIV感染者の男性の精液や、HIV感染者の女性の性液は感染性があります。


セックスでは粘膜と粘膜(性器・口など)が接触し、通常生活でおこる皮膚と皮膚の接触に比べ、体から出る液体中のエイズを体内に取り込む可能性がずっと高いのです。


HIV感染者とセックスすると100〜1000回に1回感染するといわれています。


案外低いと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、、感染する時にはたった1度でも感染しますし、夫婦間では計算上感染のチャンスが100%近くになるのは時間の問題です。


人事だと思わず、あなたの身近なところに危険があるということを頭の片隅に置いておいてください。




Copyright (c) エイズ即日検査. All rights reserved.


エイズ即日検査サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。